弔電で伝える気持ちと想いを…弔電ウェブサイトまとめ

VERY CARD

  • レーダーチャート

    5

お通夜であったりお葬式は、できれば出席したいでしょう。でもどうしても出席できない場合があります。この時には弔電を送ります。VERY CARDの場合は、供花を一緒に送ることができます。間に合うように手配をしてもらえます。

電報を送るとき、マナーを守らないと印象が悪くなる場合があります。しかしそのマナーがわかりにくいこともあります。VERY CARDでは、注意しないといけないことがページ上に掲載されています。それを見ながら作成すると良いでしょう。

弔電を送るとき、押し花、漆塗りなどが良く知られています。高級になればそれだけ気持ちも伝えやすいです。でもあまりお金がない時もあるでしょう。VERY CARDは、リーズナブルでありながら高級感のある台紙を用意しています。

電報、祝電、弔電なら電報サービス【VERY CARD】

でんぽっぽ

  • レーダーチャート

    4

弔電を利用するとき、電報サービスを行う会社に依頼をします。かつては電話会社のみでしたが、今はネットなどから利用できる会社が多くなっています。でんぽっぽは大手電話会社のKDDIグループのサービスです。安心して利用できます。

お悔やみの弔電を送ろうとするとき、多くの業者では弔電とひとくくりになっています。その中からシーンに合わせて選ぶ必要があります。でんぽっぽは、弔電の中でも葬儀に適しているもの、法事などで使えるものに分けてくれています。

電報を送るときは、それなりに料金がかかります。若い人が弔電を送るとき、あまりに高くてびっくりすることもあるでしょう。でんぽっぽでは、料金から選べます。自分の懐事情に合わせて決めることができます。

ハート電報

  • レーダーチャート

    3

弔電を送るとき、通常は言葉のみで送ります。ただ、生前にお世話になった人であれば何らかのギフトを送りたい気持ちもあるでしょう。ハート電報は、ギフトが充実しています。お線香であったり、ろうそくをセットできます。

日本では、多くの人が仏教式で葬儀を行います。ただ、一部にはそれ以外の宗教方式で行うこともあります。キリスト教式の場合は、それに合わせた弔電が良いでしょう。ハート電報の場合は、キリスト教に対応した台紙があります。

弔電を送るとき、同じタイプのものが届くことが多いかもしれません。その中で少しでも個性を出すには、少し異なるタイプを選ぶと良いでしょう。ハート電報ではオリジナルの台紙が選べます。

【ハート電報】

エクスメール

  • レーダーチャート

    4

突然の訃報を受けた際に、直ぐに飛んでいける場合には、お通夜や、告別式などに参列出来るのですが、遠方に住んでいたり、体の不調などが有ったり、様々な事情のため、駆け付けられない事もあり、仕方のない事もあると考えます。

その様な場合には、やはり、弔電は大いに役に立ちます。弔電が専門のエクスメールと言った会社は、日本全国は勿論のこと、外国にも対応していますので、大変便利です。その為、外国の宗教であるキリスト教の弔電も安心して依頼できます。

そして、例文に悩んだり、困っている人のために、数多くの例文が用意されている事も、重宝します。台紙などの種類も沢山有り、どれも品のある素敵なオリジナルなものになっています。供花に関しましても、大変素晴らしい物の準備があります。又、台紙に、ちょっと添える事が出来る、お線香も素敵です。

For-Decpo

  • レーダーチャート

    3

弔電を送る時には、文章を考える必要があります。ただ、あまり長すぎると料金もそれなりにかかります。For-Decpoの場合は、350字までであれば固定料金になります。ですから、安心して文章を考えることができます。

弔電は、お祝いの時に比べると事前に情報が入るタイミングが遅いです。そのために、間に合わなくて送れないこともあります。For-Decpoの場合は、基本は翌日ですが、最短当日に送ってもらえるサービスがあります。そちらなら間に合わせられます。

弔電は、基本的には個人で一通ずつ出すことが多いです。会社関係の場合は、いろいろな名前で出したい場合があります。For-Decpoでは、まとめて申し込みをすることができます。

急ぎの時でも安心!弔電は即日配達ができる

家族や親戚など身内に具合の善くない人がいる場合には、多少の覚悟ができているかもしれません。けれど、それでも人が亡くなるということは予期しないことです。いくらわかってはいても、その悲しみは決して楽になることはないでしょう。
それが、身内ではなく、友人や知人だった場合、よけいに突然のことと感じてしまう場合も多いかもしれません。そして突然であるということは、他に予定があって、弔問の時間が取れないということもあり得るかもしれません。
突然の訃報で、すぐに弔問に行くことができなくても、お悔やみの気持ちはできるだけ早く伝えたいという人も多くいます。そんなときに役に立ってくれるのが弔電です。

お悔やみの電報である弔電は、電話での申し込みもできます。しかし、電話は申し込める時間に限りがあります。その点、インターネットからの申し込みであれば、24時間受け付けているので時間を気にせずに申し込むことができます。
申し込む時間によっては即日配達も可能となっています。宛先は、自宅でも葬儀が行われる斎場でもかまいません。日にちと時間が分かっている場合には、葬儀が始まる前に届くようにすることもできます。電文は、電話帳などにその文例が掲載されています。電話の申し込みであればオペレーターの人に聞くこともできます。
また、インターネットの申し込みのサイトにもたくさんの文例の掲載があります。それらを参考にして、さらに自分なりのお悔やみの気持ちを伝えるオリジナルなものにすると良いでしょう。そのときに注意することは故人の呼称です。
お父上、お母上、ご主人など必ず敬称を用いるようにするのがマナーとなっています。

最近の弔電は、紙の台紙だけではなく押し花や刺繍を施した台紙もあります。また、お線香や生花なども弔電のメッセージとともに送ることができるので、お悔やみの気持ちと一緒にそれらの品物を選んで贈ることもできます。すぐに持参することができないお香典の代わりとすることもできます。
また、葬儀が終わってから訃報を聞いたという場合もあるかもしれません。特に生前お世話になっていた方の場合はできるだけ早くに弔意を伝えることが望ましいと言われています。電話がしずらいときには、電報を送ってから弔問にうかがえば失礼にはあたらないでしょう。
できるだけ早くに気持ちを伝えることが大切ですが、電報であれば、申し込みから配達までの時間もあまりかかりません。早く確実に気持ちを伝えるには最適な方法だと言えるでしょう。

カテゴリ

PAGE TOP