弔電で伝える気持ちと想いを…弔電ウェブサイトまとめ

トップ > 弔電について > お悔やみの電報の弔電の必要事項

お悔やみの電報の弔電の必要事項

急な訃報には行く事ができない場合もあり、遠方にいたり他の冠婚葬祭が入っている理由があります。
喪主や遺族にお悔やみの気持ちを表す弔電は、お葬式の前日には届いているのがマナーになります。
弔電は電話やインターネットから送れますが、事前に確認しておきたい必要事項があります。
お葬式の日や時間そして葬儀をする会場の連絡先や、喪主の名前そして喪主と故人の間柄も必要です。
また故人の宗教の事も知っておくのが大事で、宗教によっても台紙や文章が変わってくるからです。
これらの必要事項がわかれば実際に送りますが、申し込む前にもう一度確認しておくことがあります。
弔電の配達や到着する日をいつにすべきか、送り先も自宅か葬儀会場かも確認しないといけません。
宛名は喪主で良いか差出人は個人または連名か、そして文章も確認しておくことが大事です。



弔電を送る範囲はどのくらいまでか

冠婚葬祭ではご祝儀や不祝儀を渡しますが、相手との間柄によって費用の相場が変わります。
この相手との間柄は冠婚葬祭のマナーに多く、お葬式に送る弔電も送る範囲というのが決まっています。
まず個人で送る場合には2親等以内の親族で、直系や婚姻関係のある親族が常識になります。
ただ故人との関係が深い場合には3親等の親族でもよく、友達や知り合いが故人であれば親交関係によって送ります。
次に会社関係で送る場合もあるので、会社では社員の家族や親までが送る範囲になっています。
また弔電を送る場所は葬儀場か自宅になりますが、お葬式では司会者が読みますので葬儀を行う場所に送ります。
そしてお葬式に間に合わない場合に多いのが、後日自宅へ弔電を送る行為になります。
この行為はマナー違反であり後日送るときは、手紙や直接自宅へ伺うことが大事です。



弔電に書く宛名や差出人の名前の知識

冠婚葬祭には行けない場合に電報を送りますが、電報を送るときは宛名や差出人の名前なども決まりがあります。
葬儀に行けないときに送る弔電は、亡くなった故人の名前でなく喪主の名前で送ります。
また喪主の名前がわからない場合には、故人のフルネームを書いて後にご遺族様と入れます。
喪主ではなく友人や知人に送る場合もありますので、その場合は喪主名を書いて様方をつけて友人に様をつけます。
他にも気付というのは葬儀が行われる場所で、葬儀会場の名前の後に気付をつけます。
そして差出人の名前を書くときは、名前や住んでいる地域そして学校名などを書きます。
差出人は個人ではなく二人以上の連名もあるので、連名で送る場合も名前の順番などに決まりがあります。
また会社名で弔電を送るときもありますが、代表取締役の名前で送るようになっています。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP