弔電で伝える気持ちと想いを…弔電ウェブサイトまとめ

トップ > 弔電について > 取引先に弔電を贈る際のビジネスマナー

取引先に弔電を贈る際のビジネスマナー

自らが関係のある取引先から訃報を受け取った時には、葬儀に参列するべきかで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。
その際には、個人的に判断するのではなく上司の意見を聞いて決めるようにする必要があります。
参列しないという選択肢をした場合には、弔電を贈ることになりますがただ贈ればよいというものではありません。
まず頭に置いておかなくてはならないのが、基本的には依頼主は会社名で贈ることになります。
その場合には省略を使用せずに正式名称で打つようにしなくてはなりません。
高い役職、役員以上の場合には名前で打つのがマナーとなっています。
会社の中で取引先の営業をしているからといって、役員以上でもない社員が個人名で弔電を出さないようにしましょう。
取引先に贈る際には、必ず上司に最終チェックをしてもらうことも忘れてはいけません。



弔電を取引先に贈る際のメッセージ内容

人は長い人生を必ずいつか終えることになり、身近な人が亡くなった際には葬儀に参列することになります。
しかし葬儀は急遽執り行われるということもあり、都合が悪くて参列できないこともあるのではないでしょうか。
参列できない時には弔電を贈ることになりますが、その中でも頭を悩ませることになるのが取引先に贈る弔電です。
その後の取引にも関わるのでマナーはしっかりと守らなくてはなりません。
その中でも重視しておかなくてはならないのがメッセージ内容です。
取引先ということもあり、できる限り簡潔でかしこまった内容にしておきましょう。
文例が準備されている業者が大半となっているので、文例を引用すればマナー違反となることはありません。
個人的に贈る弔電ではないので、変に一言付け加えたりする必要はないことも頭に置いておきましょう。



弔電を贈る際に気をつけておくマナー

現在日本では電報が活躍する機会はかなり減りましたが、そんな今の時代でもなくならないことからもわかるように、使うシーンはあります。
それが冠婚葬祭時です。
主に結婚式や葬儀に参列できない時に使うことが頭に浮かぶのではないでしょうか。
その中でも弔電は祝電とは違い突然送ることになるので、いざ訃報が届いた時には、マナーがわからなくて頭を悩ませることになってしまうのではないでしょうか。
ただ贈れば良いというものではなく贈るタイミングや宛名、メッセージ内容にも気をつけておかなくてはなりません。
まず最も重要といっても良いのがタイミングです。
告別式に読まれることになるので、訃報を受け取るのが贈れてしまい、告別式に弔電が間に合わないという場合には、無理に届けようとする必要はないので後日改めてお悔やみの気持ちを伝えるようにしておきましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP