弔電で伝える気持ちと想いを…弔電ウェブサイトまとめ

トップ > 弔電について > 弔電で生花を送る時の注意点

弔電で生花を送る時の注意点

 親しい人やお世話になった人が亡くなった際に、葬儀に参列したくてもできないということもあるのではないでしょうか。その際には弔電を送ることになりますが、近年では弔電は文字だけではなくともに品物を贈ることができるのが一般的となっています。
 葬儀となれば生花を贈るという人が多いですが、弔電を送る時には注意しておかなくてはならない点もあります。まず注意点として頭に置いておかなくてはならないのが、当日に間に合うように手配しておくということです。

 通夜に間に合うようにするべきですが、葬儀は急遽ということもあり通夜に間に合わない場合には葬式に間に合わせるようにして起きましょう。

 葬儀の規模によって、あまりに大きなものを送ってしまうと式場が狭くなってしまったりバランスが合わないということにもなりかねないので気をつけなくてはなりません。事前に葬儀が執り行われる会場に連絡して確認しておくべきです。

 わからない場合には、葬儀業者に手配してもらうようにすると、式の雰囲気に合わせた生花を準備してもらうことができるので、間違いがなく遺族に迷惑をかけてしまう心配もなくなります。
 自分自身で手配することができなければ、業者に頼んだほうが確実ということは頭に置いて起きマナー違反とならないように気をつけるようなかして起きましょう。

 生花の場合には、当然時期によって取り扱っている花の種類にも違いがあり、花の値段にも季節によって違いはあります。以前と同じ金額分の花を手配しても、季節によってはかなり規模が小さくなったり大きくなったりと変化することがあるので、
 どれくらいの大きさになるのかは改めて確認するようにして起きましょう。弔電を手配する際にともに選ぶという人が多いですが、写真に掲載されているものと同じ花を準備することができないこともあるということは頭にお当ておかなくてはなりません。
 生花の種類は故人の宗派によっても贈るべき内容は異なってくるので、自分の常識を相手に押し付けてしまわないためにも、宗派のチェックもしっかりとしておくことが大切です。葬儀に参列することはそう頻繁なことではないというのはもちろんのこと、弔電を送る機会は長い人生の間でもそう多くはないのではないでしょうか。
 滅多に送らないものだからマナー違反となっても仕方がないというわけではなく、故人と遺族にとって最後の別れを惜しむ瞬間ということを忘れず、マナーには十分気をつけましょう。

カテゴリ

PAGE TOP