弔電で伝える気持ちと想いを…弔電ウェブサイトまとめ

トップ > 弔電について > 弔電を贈るシーンと時代の変化とは

弔電を贈るシーンと時代の変化とは

通夜や告別式に参列できない時に、喪主や親族に贈る電報のことを弔電と言いますが、近年では弔電に対する考え方には変化が生まれています。
一昔前は、通夜や告別式に参列すれば贈ることはないという認識が当然のことでした。
しかし近年では参列しても贈るという人も増えてきています。
通夜や告別式では、喪主や親族としっかりと会話をする機会はあまりないので、お悔やみの気持ちをきちんと伝えることができません。
その際に気持ちを伝えるためにも贈るというケースは珍しくはありません。
もちろんそれと同時に、参列できないはずで電報を打ったにも関わらず急遽参列できるようになることもあるのではないでしょうか。
その際にも、もちろん参列しても問題はなく電報を取り消す必要もありません。
電報に対する考え方は時代とともに大きく変化しています。



弔電を贈るタイミングの注意とは

訃報を受け取り通夜や告別式に参列できない場合には、弔電を打つことになりますがその際にはタイミングには十分気をつけておかなくてはなりません。
訃報を受け取り次第打つべきですが、受け取るのが遅くなってしまった場合には贈るべきではないケースもあります。
一般的な葬儀ならば遅くても告別式が始まる三時間ほど前に着くようにしておけば良いとされます。
しかし合同葬や社葬のようにビジネス関係の人に贈る場合には、弔電の数も必然的に多くなることを考えておかなくてはなりません。
たくさん届いた場合は全てが読まれるわけではなく、どれを選ぶのか選ばなくてはならないのでギリギリに届くと迷惑をかけてしまうことになります。
ビジネス関係の相手に贈る場合には、通夜に間に合うように届けられるように手配しておくことがマナーということは頭に置いておきましょう。



香典と弔電を贈る際のマナーとは

訃報を受け取った際には、葬儀に参列しようと考えるのは当然の事ではないでしょうか。
しかし葬儀は急遽執り行われるものであり、参列したくてもできないこともあります。
その際には香典を現金書留で贈るという選択をする人も多いのではないでしょうか。
その際に悩むことの一つが、弔電は贈るべきかという点です。
香典と弔電は別物であり香典を贈った際にも弔電も贈ることがマナーとなっています。
しかしその際には、まずは電報から届くようにしておきましょう。
電報は会場に直接贈ることになりますが、当日はかなり慌ただしくバタバタとすることが想定されます。
その際に共に香典を贈ってしまうと本当に遺族が受け取ってくれたかがわからず困ることになります。
確認するのも失礼にあたるので、別々に贈るか香典は後日手渡しするようにしておくことがマナーです。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP