弔電で伝える気持ちと想いを…弔電ウェブサイトまとめ

トップ > 弔電について > 弔電を送り、お悔やみとともに冥福を祈り

弔電を送り、お悔やみとともに冥福を祈り

人はいつかはこの世を去り、お別れの儀式を行います。
平等に誰もが終焉を迎え、その際にするお葬式では多くの人から見送られるまたは身内で温かく送られます。
その際に送られるのあ弔電です。
遠方の人や、企業に関連のある人達などからのお悔やみの言葉をメッセージとして寄せられます。
お葬式の際に、弔電を送ることは故人の冥福を祈るとともに、遺族へのいたわりの言葉をかけます。
少しでも遺族の方に、早く元気になってもらうため、そしてお亡くなりになった方への旅立ちの言葉として添えます。
日本独特の風習ですが、とても情緒ある文化でもあります。
魂を敬い安らぎを祈る気持ちの文化は、良い風習ともいえます。
また、今はインターネットで簡単に申し込みができる時代となり、送りやすくなったというのも良き点となってきています。
メッセージを送るとともに、お花を送るとされに喜ばれます。



弔電を贈るシーンとその際のマナー

弔電を贈る機会は長い人生の中でそう頻繁にあることではないので、いざ贈るとなればわからないことも多いのは当然のことではないでしょうか。
葬儀は急遽執り行われるものであり、急ぎとなるので尚更マナー違反になってしまうことは増えてしまいます。
まず第一に頭に置いておかなくてはならないのが、贈るメッセージの内容ではないでしょうか。
どのようなものでも良いというわけではなく、忌み言葉を使わないなど基本的なマナーは必ず守らなくてはなりません。
業者には文例が準備されているので、文例を用いればマナー違反になってしまうことはありませんが文例だけとなれば気持ちがこもっていないという印象を与えてしまうことになるので、一言自分なりのメッセージを添えて贈るようにしましょう。
もちろんその際にもマナー違反にならないように気をつける必要があります。



弔電は訃報を知ったときにすぐに手配

結婚式に招待されたがいけない場合があります。
この時には祝電を打ちます。
招待状はかなり余裕をもって送られてくるので、すぐに祝電の準備をする必要はありません。
式の1箇月ぐらい前になると、受け付けてもらえるので、その時に依頼をしておくと良いでしょう。
では弔電はどうかです。
こちらは招待を受けていくわけではありません。
何らかの関係のある人が亡くなったことを知ったときに、お通夜か葬儀に行くかどうかを決めます。
近くであれば時間の調整などで行くこともできますが、遠くなると行くことができないこともあります。
その時に打つことになりますが、結婚式の祝電のように余裕はありません。
その日にお通夜がある場合もあります。
ですから、すぐに手配をする気持ちで対応をします。
お通夜や葬儀の日程を確認し、どちらに送るにしても始まる前に到着するようにします。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP