弔電で伝える気持ちと想いを…弔電ウェブサイトまとめ

トップ > 弔電について > 弔電を送る手間暇を惜しまない様にしよう

弔電を送る手間暇を惜しまない様にしよう

故人の最後のお別れのお通夜や葬儀に参列出来ないケースは、多々あります。
特に大人になればなるほど、いろいろなしがらみや自分を取り巻く環境や状況などでかけつけられない事は増えてきます。
参列出来ない時、地元の友達や親しい友人などに、香典を立て替えて一緒に出しておいてもらう事は問題ないですが、それだけではちょっと事務的で味気ない気もしてしまいます。
やはり悲しい、残念だと言う故人に対するお別れの気持ちを文章で表した方が、遺族の方にとっても、姿や形は無し得ないですが、亡くなった方に対しても、礼節をわきまえている様な気がしてなりません。
シンプルな台紙の押し花電報で構いません。
何か一言気持ちを添えて、葬儀場やご自宅に弔電を贈って、故人を偲んであげましょう。
電話やメールで簡単に送れるなら、その手間暇を惜しまない様にしましょう。



弔電の基礎知識を把握しておこう

事情があってお通夜やお葬式に参列できない場合に弔電を送る事がマナーとされています。
日常的に行う事ではなので、書き方や送り方が分からないと言う方も多いでしょう。
いざという時の為に基礎知識を把握させておきましょう。
まず、最も一般的な方法では電話を利用して送る方法です。
予め文章を考えておき、口頭で文章、送り先の住所、名前、台紙の種類を伝え、文字数と料金を最後に案内してくれます。
近年ではインターネットを利用して送る事も可能となっており、ご自身の目で台紙を選択して決めることが出来ます。
文字数は各業者によって異なりますが、350文字程が基本的な文字数となっています。
文章を考える時の注意点として、友人や上司など送る方によって文章の内容も変わってきます。
分からない場合は例文を参考にしておきましょう。
また、重ね言葉は使用しないように気を付けておきましょう。



弔電を依頼する際に知っておきたいこと

大切な方の葬儀、葬式にやむを得ず参列できない場合に弔電を送ります。
そこでここでは、送る際に知っておきたい基礎知識をご案内いたします。
まずは、葬儀、葬式の日時を間違えることがないよう確認しておきましょう。
できれば前日までに届くのが望ましいでしょう。
どうしても前日に間に合わない場合は、遅くとも葬儀、葬式が始まる1時間前までには届くようにします。
また、一周忌などの法事の場合は、日程に余裕があるので早めに手配をすると良いでしょう。
次に送り先の住所ですが、葬儀がとり行なわれる寺社や斎場、または自宅あての住所に送ります。
亡くなった方の名前だけではなく、喪主の名前も予め調べておきましょう。
最近では、インターネット上で簡単に依頼できるようになり、文例やデザインも悩むことなく提示してくれます。
送る際には活用してみると良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP