弔電で伝える気持ちと想いを…弔電ウェブサイトまとめ

トップ > 弔電について > 弔電を送る時はサイトにある文面を活用しよう

弔電を送る時はサイトにある文面を活用しよう

 親戚や親しい人が亡くなり、すぐに弔問に行くことができなかったり、お通夜や告別式も都合で出席できないときがあるかもしれません。そんなときにすぐにお悔やみを述べるには、お悔やみの電報である弔電を利用するという方法があります。
 弔電の申し込みは、電話で申し込む場合には、朝8時くらいから夜の10時くらいまで受け付けてもらえます。しかし、最近はインターネットのサイトから申し込む人が増えており、その場合は24時間いつでも申し込みが可能になっています。
 そして、配達は午前8時から午後は7時くらいまで行われています。また、申し込む時間によっては即日配達もしてもらえるようです。

 弔電の送り先は自宅でも葬儀が行われる斎場でもかまいません。お通夜や告別式の日にちや時間がわかっていれば、始まる前に届くように申し込む時間を心配りすると良いでしょう。電報というと、昔ながらの台紙に電文が記載されているものと考える人が多いかもしれません。
 しかし、最近は台紙にもいろいろあり、押し花や刺繍など美しい台紙も用意されています。また、メッセージと一緒にお線香やお花なども弔電の一部として送ることができます。弔電は日頃あまり利用することがないかもしれません。
 そのため、送る時になって、どのようなメッセージにしたらいいかを迷う人もいるかもしれません。インターネットの申し込みであれば、そのサイト内に文面の例文が掲載されています。そのため、どんな文面にしたらいいかがわからなくてもそれを参考にすれば心配することはありません。

 どうしても自分で考えるのが難しい場合には、弔電の申し込みができるサイトに掲載されている文面をそのまま利用するということもできます。しかし、心からお悔やみの気持ちを伝たい場合には、その文面はあくまで参考にする程度にしておくほうが良いでしょう。
 そして、それに少し工夫を加えてオリジナルなものにすると良いかもしれません。何も文章の例がない状態で弔電のメッセージを考えるのは難しいかもしれません。まして訃報を聞いた後のことなので、精神的にも動揺しているかもしれません。
 あまり考えずにお悔やみの電報には合わないメッセージを送ってしまうようなことにはならないようにするべきです。そのためには、サイト内の文面の活用は最適な方法だと言えるでしょう。加えて、故人の呼称は必ず敬称を用いるということに注意する必要があります。
 ご尊父やご母堂など使い慣れない言葉に戸惑ってしまうようなら、お父上、お母上にすると良いでしょう。その他に用いるべき敬称はご主人、奥様などとなっています。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP