弔電で伝える気持ちと想いを…弔電ウェブサイトまとめ

トップ > 弔電について > 知るべき弔電を送るときの基本的な知識

知るべき弔電を送るときの基本的な知識

お通夜や告別式などお葬式に参列できない場合、送らなくてはいけないようになっています。
連絡が来たら手配をするようにしますが、早すぎず遅すぎないのもマナーになります。
遅くても告別式が始まる1時間前までに着くようにし、送り先は喪主にするのもマナーになっています。
また送る場所は大半が葬儀会場になっている事が多く、葬儀施設やお寺であることが多いです。
弔電は電話会社から送るようになっていますが、インターネットでも受付をしてくれるので便利です。
送るときの文面は内容に困ったりしますが、電報には定型文も用意されていますので安心です。
ただ故人と親しい間柄であれば、定型文ではなく自分の言葉で送るのも大事になります。
インターネットには弔電の文例なども書いてあるので、参考にしながら考えることができます。
遺族が読む事も考えてあまり個性的な文は控える事です。



弔電を送る際はインターネットの電報サービスが便利

大切な人の訃報が届いた場合、葬儀に参列する人は多いのではないでしょうか。
でも、仕事などさまざまな事情で葬儀にどうしても参列できないことがあります。
遺族にお悔やみの言葉を伝えたくても直接会って伝えられないときはどうしようかと悩む人も多いかもしれません。
そんなときに利用したいのが、電報サービスです。
電報には送るシーンに合わせてさまざまな種類がありますが、葬儀に関する電報は弔電という種類を選ぶと良いでしょう。
弔電を送る際は、電話の電報サービスはもちろんのこと、インターネットの電報サービスからも利用でき、最近は利用する人も増えています。
台紙や定型文も豊富に取り揃えられていますし、注文方法も誰でも簡単にできるシステムになっているので、時間がないときも手軽に注文できますし、いつでも安心して利用できます。
弔電を送る際は利用してみると良いでしょう。



電話やインターネットで申し込める弔電

昔は弔電といえば電話会社に電話をしていましたが、今はインターネットでも申し込みが可能です。
電話会社の場合は時間が22時までと決まっていて、値段の相場は1000円から3000円が相場になっています。
またインターネットではもちろん24時間対応で、電話以外からでも申し込めるメリットがあります。
まず送る文章を事前に考えておくことが大事で、わからない時は定型文を使って送る事もできます。
また送り先を確認しておくのも必要で、お葬式が行われる場所の住所や電話番号や名前を調べておきます。
次に電話をかけて申し込みをするようになり、自分の連絡先や送り先を伝えておきます。
台紙を選んだら入れてもらう文章を決めていき、最後に送り主の名前なども入れていきます。
電話オペレーターが確認をしてくれて、文字数や値段の確認をして申し込み完了です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP