弔電で伝える気持ちと想いを…弔電ウェブサイトまとめ

トップ > 弔電について > 絶対にやってはいけない弔電のマナー

絶対にやってはいけない弔電のマナー

お葬式のマナーはお葬式にいけない時の弔電のマナーと同じで、言葉遣いには特に注意しないといけません。
お葬式では使っていけない言葉があり、それを忌み言葉といって不幸を連想させてしまうからです。
例えば死を表す言葉には死去でなく、逝去や他界といった言葉にしなくてはなりません。
また重ね言葉と言うのは重ね重ねと言う言葉や、たびたびそしてまたといった言葉もいけません。
この重ね言葉も不幸が重なる意味合いがあり、お葬式はもちろん弔電の文章でも使うのはマナー違反です。
他にも故人の苦しみを連想させてしまう言葉があり、迷うや浮かばれないというのも使わないようにします。
そして言葉遣いには宗教によってもマナーがあり、仏教では供養や冥福があってもキリスト教はありません。
仏教以外では安らかにお眠りくださいと書くようになります。



弔電を打つタイミングと文例のご参考に

本来通夜や葬儀に参列すべきところで、どうしても都合が合わないことがあります。
そんな時には弔電を打ちましょう。
弔電とはお悔みのための電報です。
電話で送ることもできますし、インターネット経由で送ることもできます。
いろいろな台紙を選ぶことはもちろん、お線香付きやプリザーブドフラワー付きのものなどもあります。
どんな弔電を送るにせよ、大切なのはタイミングと文面です。
できれば通夜に間に合うように、遅くとも告別式には間に合うように用意します。
一般的な文例であれば、「○○様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます」のようなものが多くあります。
けれどこれだけでは、故人と送り主の関係がわかりません。
できれば故人との関係についてわかるような一文を、付け加えた方がいいでしょう。
台紙や線香にこだわるより、文面を真摯に考えることが大切です。



弔電を送るときはマナーを守ることが大事

知人の訃報を受けたとき、遠方に住んでいたり、何らかの事情でどうしても葬儀に参列できない場合があります。
そんなときは、お悔みの気持ちを伝えるために心を込めて弔電を送りましょう。
弔電を送るときは、マナーをきちんと守って正しく送らなくてはいけません。
もしもマナーを守らなければ、遺族の方に失礼になってしまうことがあるからです。
まず、葬儀が執り行われる日時を確認し、必ず間に合うように送りましょう。
訃報を受けたときに、お通夜や告別式の日時、どこで行われるのかを確認しておくと安心です。
特に仕事関係で弔電を送る場合は、今後の関係性に大きな影響が出てしまう場合もありますので、きちんと確認して早めに手配をしましょう。
また、遺族の気持ちを考慮して、忌み言葉や重ね言葉は使わないように、細心の注意を払うことも重要です。
あらかじめ文例集に目を通しておくと参考になりますし、マナー違反になってしまうような言葉を避けることができます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP